FC2ブログ







2020年04月14日(火)

予想どおりに不合理:行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 



著者:ダン アリエリー , Dan Ariely他
発売日: 2013/8/23

評価〔S-〕 先延ばしの章は耳が痛かったです。
キーワード:行動経済学、選択、決断、無料、買い物、

ふたつの品物からひとつを選ぶとき、わたしたちは無料のほうに過剰に反応してしまうことが少なくない。(3章より抜粋)


合理的もしくは論理的に動いているつもりでも、人間は不合理に行動していることがある、というのが本書の核です。その不合理の規則性を知ることで好ましくない癖を取り除ける可能性があり、よりよい人生よりよい社会へを得ることができます。

著者の専門は行動経済学です。判断・意思決定科学ともいうと序盤に書かれていて、私としてはこちらのほうがしっくりきますが、本書の中では行動経済学で統一されています。

何かを選択する時に、選択肢からの決断に至るまでの思考の流れを考察しています。自分では合理的と思っていても指摘されると不合理だと気づくので不思議です。実体験と照らし合わせても自分も同じ選択をしそうで、納得のいくものが多かったです。例えば、大きく値引きした商品と小さな値引きで無料になった商品なら後者を選んでしまうなどです。合理的に考えるならば前者のほうが得なのですが、後者のほうが魅力的に見えます。興味深いですね。

行動経済学なのでお金に関することを扱っています。しかし、それだけではなくプレゼントを受け取ったときの反応や所有物を合理的に鑑定できない理由など日常的な意思決定にも触れていて、親近感のある話題も取り上げられていて興味を引きます。時には個人的な買い物について、時には社会的なジレンマや問題点と、幅広く応用のきく内容が挙げられていて知的好奇心を満たしてくれます。その個性的な研究はイグ・ノーベル賞を取るほどです。「医師の出す偽薬は高い価格のほうが効果が高い」がこの人の研究だったとは驚きと同時に納得です。

また、不信や不正など社会的に影響の大きい決断の研究も、無料などの個人的な研究同様に興味深いものでした。特に、あまり違いがないだろうと考えていた不正行為と現金と現金引換券の実験は意外な結果になり、権力者や富裕層の陥りやすい不正の構造が理解できました。

不合理にならない対策もいくつか書かれています。2章のアンカリングの罠に陥らない方法では、前の知識は捨て今の相場を調べることを以前から自分で行っていてちょっと驚きました。どの意思決定にも共通するのは、一番の対策はこの不合理を意識して買い物や決断をすることです。知っていれば間違えません。

教授の知的好奇心を満たすために何度も実験対象となったMITやハーバードの学生たちがなんか面白いです。彼ら彼女らは実験に参加してお得な買い物だったとしか思っていないかもしれませんけど。楽しそうに研究していていいなあ。著者の今後の研究に期待しています。

最後になりますが翻訳本にある読みにくさがないのも良かったです。他のハヤカワ・ノンフィクション文庫で感じた冗長さや持って回った言い方がなかったと思います。著者は読みやすい文章を心掛けていたようですし、訳者の能力の高さのおかげかもしれませんね。


スポンサーサイト




[ 2020/04/14 23:39 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1349-5231a0af