FC2ブログ







2020年03月21日(土)

家裁調査官は見た  ―家族のしがらみ― 



著者:村尾 泰弘
発売日: 2016/7/14

評価〔B〕 カウンセラー以外の側面も見たかった。
キーワード:家庭裁判所調査官、家族、臨床心理士、家族心理士

家族がうまく機能せず、まとわりついて足を引っ張る意味での「しがらみ」に姿を変えるときに見られるものに「家族神話」がある。まずこのことからお話ししていこう。(第4章より抜粋)


家裁調査官は家庭裁判所調査官の略称で、家庭裁判所のみにいる特殊国家公務員だそうです。裁判所の関係者はたいてい法律の専門家ですが、彼らは心理学、社会学、教育学などを修めた人に関する専門家です。その調査官を17年務めた著者が経験から学んだこと、特に家族のしがらみについてどのように対処していけばよいのかを書いています。

最初のうちは家裁調査官ならではの経験が語られますが、後半になってくるとカウンセラーや心理士と同じような仕事内容で、著者の仕事の独自性があまり見えなくなっていったのが残念です。もう少し家裁調査官とは何をして、カウンセラーとはどこが違うのか深く掘り下げてほしかったです。それとも働く場所が違うだけでほとんど同じ仕事なのでしょうか。

家族問題の内容そのものは夫婦の不和やDV、幼少期の恨みと考えさせられる事例が多かったです。死んだ家族の影響が残り苦しんでいる人がいることが多いのは驚きました。でもそういうものかもしれません。しがらみからのがれるための方法として、物語を書き換えるナラティブ・セラピーなどが紹介されています。ロールレタリング法は効果が得られるのかちょっと信じがたいですが、文字に書き起こすと冷静になったり心理状態に変化が起きるそうなのできっと効果があるのでしょう。不思議な治療法です。

馴染みのない職業の人の意見は興味深かったです。


スポンサーサイト




[ 2020/03/21 22:08 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1345-c0f426b4