FC2ブログ







2020年03月14日(土)

神様ドォルズ 8 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2011/2/18

評価〔B-〕 阿幾の存在感が薄いのが残念。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「このまま進む以外、道はないだろう?」(本文より抜粋)


ようやく最終地点が見えてきたような気がします。

玖吼理の隻である詩緒が主役のように見えますが、阿幾が心情を吐露する場面を見てこの物語の中心は匡平と阿幾なのだなと改めて思いました。その割には阿幾の出番が少なめなのがなあ・・・・・・。終盤は彼が中心となるのでしょうか。

何が悪いというわけでもないのに、いまいち盛り上がっていないように感じます。なぜだろう? 寄り道が多かったのか、登場人物が多かったのか。次からはアクションシーンが増えそうです。


スポンサーサイト




[ 2020/03/14 21:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1331-da505cdd