FC2ブログ







2020年01月25日(土)

神様ドォルズ 2 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2008/3/19

評価〔B〕 詩緒は主役と呼べるのだろうか。
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「それくらい驚いてくれると、満を持した甲斐もあるってものさ。」(本文より抜粋)


阿幾や詩緒以外の隻も登場し、案山子の戦闘も前回より多いです。重要人物たちが傷を負わないためか何気なく読んでしまいますが、実際は結構過激な行動ばかりです。隻でなくても久羽子はすぐ暴力にうったえますし。

阿幾の逃走から始まった出来事はますます複雑になっていきます。阿幾は匡平のライバルでもあり事態の中心人物にも関わらず、彼の出番はあまりありません。これから活躍してくれるでしょう。

巻末には用語解説が収録されています。1巻にもあった日本神話解説と同じような感じです。今度明かされないであろう裏設定が書かれていて知っているとちょっとお得というか面白いです。


スポンサーサイト




[ 2020/01/25 20:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1324-625d1c9f