FC2ブログ







2019年12月14日(土)

世にも奇妙なニッポンのお笑い 



著者:チャド・マレーン
発売日: 2017/12/9

評価〔B〕 悪口や愚痴を書かないのが偉いです。
キーワード:お笑い、漫才、芸能、オーストラリア人、

対して、日本ではすぐ「何を言うてんねん」とツッコミを入れる。「否定の文化」と言えるのかもしれません。(第三話より抜粋)


外国人の目から見た日本を語る本はたくさん出ていますが、お笑いに特化して分析し説明している本は稀ではないでしょうか。日本のお笑い界に飛び込み、漫才師として時には字幕翻訳家として活躍中の著者が思いのままに語っています。各国のお笑いの紹介から日本のお笑いの魅力まで笑いに関して幅広く書かれているので、お笑いにあまり興味のない私でも楽しめます。あるあるネタが日本的である説明は筋が通っていて分かりやすかったです。

政治や宗教を扱う社会派お笑い芸人がほとんどいない点について、レベルが低いからではなく簡単に笑いを取れる話題で勝負しないからと述べているのはどこか新鮮に感じました。どちらかにあまり片寄らず公平に物事を見ようとしているのでしょう。

また、字幕翻訳の仕事の良さや難しさが興味深かったです。駄洒落や諺なんか訳すのに苦労するだろうなーと思っていましたが、やはり大変そうです。「チリンチリン」の件は上手いですね。専門家でなければ意図が上手く伝わらないのは良く分かります。記事やレポートも詳しい人が書いたものは面白いですし。

著者の漫才を一回見てみたくなりました。


スポンサーサイト




[ 2019/12/14 21:30 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1313-aa93e293