FC2ブログ







2019年12月07日(土)

サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている 



著者:西内 啓
発売日: 2012/3/23

評価〔B+〕 簡単にできることから試してみたいです。
キーワード:悩み、サラリーマン、学問、

そろそろこの何度も繰り返した議論に終止符を打っても良いとは思いませんか?(はじめにより抜粋)


給料が上がらない、出世するには何が必要か、上司や部下と良い人間関係を築くには、とサラリーマンのよくある悩みについて、一個人ではなく学問の専門知識によって解決策を提示してく一風変わった実用書です。ビジネス書と言えなくもないです。

数々の問題に具体的な対策が用意されていますが、学問的な見地からはこうしたほうが良くなるという一案に過ぎないと感じました。これらが唯一無二の真実ではないと思うので、哲学や数学のような真実を求めている方々はがっかりしてしまうかもしれません。分野によっては既知のものがあったので、物足りなかった章もありました。

興味を引いたのは2章の行動経済学を駆使したお金の貯め方です。人の金銭に対する感覚は穴だらけと説き、お金の貯め方と使い方を細かく書かれています。一番効率が良いのは自分の能力を高めることに使うのが経済学っぽくなくて面白いです。

3章の出世する方法では天職を見つけるためにVIAテストという才能を見つけるためのテストが紹介されています。以前読んだ「さあ、才能に目覚めよう」のストレングスファインダーと同じ考え方なのですぐ理解できました。性格診断や性格分類は好きなのでさっそく試してみましたところ、一番の才能は忍耐力と出ました。詳細はつづきに書いておきます。

また、6章の家庭がうまくいく方法のポジティブサイコロジーの知見は、サラリーマンでなくても有益なので読んでほしい内容です。口論になりそうになったら話す順番を決めるのは良い意見だと思います。怒った時に実践できれば良いのですがなかなか難しそうです。

最後のほうに幸福感を得られる3つの考え方に触れています。どの悩みも最終的には本人がどう感じるのかに尽きるのかもしれません。



VIAテストの詳細はつづきにて↓

上から順番に書き出してみます。後ろの括弧で書かれた言葉は、24の文字の強みで紹介されている単語です。表現が少し違っていますが言わんとしている内容は同じです。

1 忍耐力(根気)
2 向学心(同じ)
3 誠実さ(正直)
4 思慮深さ(慎重)
5 スピリチュアル(霊性)

6 知的柔軟性
7 公平さ
8 自律心
9 審美眼
10 ユーモア
11 愛情
12 大局観(展望)
13 親切心
14 好奇心
15 感謝
16 創造性
17 慎み深さ
18 リーダーシップ
19 勇敢さ

20 希望(同じ)
21 チームワーク(同じ)
22 熱意(同じ)
23 寛容さ(許し)
24 社会的知性(社会的知能)

上位5つは「忍耐力」「向学心」「誠実さ」「思慮深さ」「スピリチュアル」です。
「忍耐力」は始めたことをやりぬく力。これは昔友人にも言われたことがあるので納得しました。
「向学心」は新しいことを学ぶのが大好きです。好奇心旺盛ということでしょうか。
「誠実さ」は自分の気持ちと行動に責任を持つこと。まあなるべく正直ではありたいと思っています。
「思慮深さ」は常に用心深く選択する。用心深いと祖母に言われたことがあります。
「スピリチュアル」は・・・・・・これが解説を読んでも良く分かりませんでした。高次の目的とは一体。

下位5つは「希望」「チームワーク」「熱意」「寛容さ」「社会的知性」です。
「希望」は最善の未来を描く。悲観的なのでこれが下なのは分かります。
「チームワーク」は忠誠心が強く献身的なチームの一員。集団行動はあんまり・・・・・・。
「熱意」は感動と情熱を持って生きる人。感情表現が乏しいみたいです。
「寛容さ」は過ちを犯した人を許します。これが一番ショックでした。そうか、心は広く持たねば。
「社会的知性」は他者の動機や感情に気づきます。2番目にショック。人を見る目がないからなあ。

一つひとつ見ていくと、納得してしまうことばかりです。以前受けたストレングス・ファインダーでは、5つの資質は「慎重さ」「内省」「学習欲」「目標志向」「責任感」でした。それぞれどれに対応するのか考えてみました。

「忍耐力」=内省?目標志向?
「向学心」=学習欲
「誠実さ」=責任感
「思慮深さ」=慎重さ
「スピリチュアル」=内省?目標志向?それ以外?

向学心・誠実さ・思慮深さはぴったり当たっています。忍耐力とスピリチュアルは少し違うかな。内省や目標志向が当てはまるのは何なんでしょうね。

客観的に判断して「忍耐力」と「誠実さ」で頑固そうなイメージです。また、「チームワーク」と「寛容さ」が苦手なので狭量な人間のイメージが浮かびました。他者にはどのように見えるのか聞いてみたい気もします。



スポンサーサイト



[ 2019/12/07 20:44 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1312-6150b536