FC2ブログ







2019年11月29日(金)

コンシェルジュ インペリアル 1 (再読) 



著者:藤栄道彦、いしぜきひでゆき
発売日: 2015/4/20

評価〔B+〕 重くなり過ぎない雰囲気が良いです。
キーワード:介護、介護士、福祉

「あなたのために、私に何かできることはありませんか?」(第1話より抜粋)


コンシェルジュが活躍するシリーズの第3弾、テーマは介護です。

高齢化社会によって身近になった介護施設や認知症ですが、介護士の人たちがどのような苦労をしているのか正確なところは分かりませんでした。まだまだ新人の最上優菜の視点から、介護の実情を描くヒューマンドラマです。一昔前ならこのテーマだけでも新鮮ですが、今となってはそれほどではありません。しかし、優菜の職場に現れた新しい協力者が斬新かつ現代風で、期待でワクワクしてきます。暗い面ばかりでは滅入ってしまうのでありがたいです。

顧客の要望や我が侭に対して主人公たちがどう対応し解決するのかはコンシェルジュシリーズを通して同じなのですが、前の2シリーズと違って経験も特殊能力もない優菜が一生懸命に取り組むのは新鮮ですし応援したくなります。いかにもありそうな問題が発生するのが現実味があり考えさせられます。

登場人物は女性ばかりですが、実際の介護現場はどうなんでしょうか。人を抱えたりするから力のある男性のほうが良いと思うのですがそうでもないのかな。劇中でも描かれた女性介護士に対するセクハラも離職の理由の一つとなっていそう。そういう面も読者に見せたかったのもあるかもしれません。

全シリーズとして繋がっている点もありますが、インペリアルからでも十分楽しめますし面白いです。全7巻なのでじっくり読んでいきたいです。


スポンサーサイト




[ 2019/11/29 21:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1306-cc4d207d