FC2ブログ







2019年11月17日(日)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎 



著者:木元 哉多
発売日: 2019/4/19

評価〔B〕 第2話は分かりやすかったかな。
キーワード:ミステリ、死後、連作短編集、

のどの渇きを感じた。しかしここには水も食料もない。(第3話より抜粋)


時々いつもの流れとは異なる事件の被害者が登場しますけど、この5冊目にも捻ったタイプが含まれています。

特に賛否両論ありそうなのが第3話のある社長の休暇中のエピソードです。犯行可能な人物が多過ぎて推理が難しいのは毎度のことですが、あの真相を正確に言い当てられた人はどのくらいいるのでしょうか。沙羅の言うとおりヒントは出ているし伏線もありまいした。予想を裏切る展開なのは良いのですが、でも、うーん、私はやや腑に落ちないかな。

テンポよく刊行されているので長く続いて欲しいシリーズです。


スポンサーサイト




[ 2019/11/17 21:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1303-03e20636