FC2ブログ







2019年08月17日(土)

数学的決断の技術 やさしい確率で「たった一つ」の正解を導く方法 



著者:小島寛之
発売日: 2013/12/13

評価〔A-〕 便利だけど使いこなれるでしょうか。
キーワード:確率・統計、数学、

確率そのものが曖昧性を取り込んだ表現であるにもかかわらず、その確率さえも「0.8または0.9」と二股をかけてもっと曖昧性を持たせることにどんな意味があるのだろうか。(第9章より抜粋)


他人の決断について大まかな理由はよく聞きますが、それに至るまでの過程や考え方の詳細を聞くことは稀だったと思います。人によって様々な決断方法を数学的に解明できるのかと興味を持ち、本書を手に取りました。

大まかな分類で4つのタイプに分けられ、それぞれの思考の癖を読み解いています。4つのうち期待値基準、マックスミン基準、マックスマックス基準はどのようなものか知っていましたけど、最大機会損失・最小化基準だけは名前も知らなかったので興味深く読みました。概念の解説ではなかなか具体例が思いつきませんが、いくつか例を挙げているので理解の助けになります。ピンとこなかった最大機会損失・最小化基準の例として、恋愛の告白が書かれていてなるほどと納得しました。

マックスミンの章でゲーム理論とホームズ対モリアティ教授のゲームが紹介されていますが、どちらも最適解・結論までは知らなったのでためになりました。確かに数学的に解いていているのが分かります。また、マックスマックスを選ぶ人の心理を数字を使って説明していた点も面白かったです。少しはギャンブラーの気持ちが分かったかもしれません。

他にも和が1にならないシェーファーの信念度関数や複数信念の確率論も、決断するものによってはかなり有効そうなので覚えておきたいです。前者の考え方は新鮮でした。最後に著者も書いていますが、迷ったときはなんとか数値化してより良い決断がくだせるようになりたいものです。


スポンサーサイト




[ 2019/08/17 22:12 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1281-84ec4d00