FC2ブログ







2019年08月17日(土)

ふしぎの国のバード 6 



著者:佐々 大河
発売日: 2019/7/13

評価〔B+〕 なぜか異国情緒があります。
キーワード:旅行記、明治、日本、

「バードさんの旅は自分が思うよりずっと、永く広い意味をもつのかもしれない」(本文より抜粋)


山形県から秋田県へ羽州街道を進みます。

バードとイトのそれぞれの問題は一度棚上げにして、明治の日本をめぐる旅に戻ります。地方の独自の習慣も魅力的ですが、ここでは日本全国ほとんど同じだったであろう文化や生活習慣が紹介されています。

現在と大きく印象に残ったのは、火事に対する庶民の考え方です。バードに共感する人のほうが多そう。当時の人はたくましいなあ。一方、紙漉き職人たちの一番の楽しみは、おそらく今の職人でも同じではないでしょうか。分かる気がします。これからもそうあって欲しいものです。

時代が大きく変化する時期に注目してみると、道中出会ったある医師の価値観は格好良かったです。彼が史実の人物かどうかは知りませんけど、あの時代にあのような志を持っていた人はやはりいたのだと思います。古いメスと彼の師の逸話もなかなか良いです。

終盤に明かされたある事実は、二人の旅にどう影響するのでしょうか。次も面白そうです。

スポンサーサイト




[ 2019/08/17 22:06 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1280-41642b58