FC2ブログ







2019年06月28日(金)

数学女子 5 〔完〕 



著者:安田 まさえ
発売日: 2015/5/30

評価〔B+〕 それぞれの将来が想像できます。
キーワード:数学科、女性、大学、

数学は違うもの同士に関わりをもたせる学問だって聞いたことがある。(本文より抜粋)


就職が決まった学生、進路に迷う者や恋愛に迷う人々、それぞれの大学4年生の後半から卒業までの様子が描かれています。

こうして今でも少数派であろう理系女子に焦点を当て、無駄に引き伸ばすことなくしっかりと4年間を表現した漫画は貴重です。大学生活漫画としては真っ当な展開でしたけど、本シリーズではそれが良かったです。変に奇をてらうことなくて。

1巻を読み始めた頃からみてかなり意外な進路に進んだ人もいますが、5巻の時点ではなるようになったというのが素直な感想です。今後も彼女たちならなんとかやっていけそう、かな。

おまけのエピソードも含めて面白かったです。機会があったら是非数学科卒の女性の感想が聞きたいです。


スポンサーサイト




[ 2019/06/28 21:42 ] 4コマ漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1267-08dc45ca