FC2ブログ







2019年05月11日(土)

殺人鬼探偵の捏造美学 



著者:御影 瑛路
発売日: 2017/11/22

評価〔B+〕 なるほどなるほど。
キーワード:推理、探偵、殺人鬼、

とても美しかった記憶はあるのに、どうしてもその顔が思い出せない。(第一話より抜粋)


美形で人気の精神科医・氷鉋(ヒガノ)が、副業で探偵業をしさらに裏では殺人鬼・マスカレードとして暗躍する一風変わった推理ものです。

事件のアリバイやトリックが一番の見せ場ではなく、事件の全体像が最大の謎です。誰がどのような動機で動いているのか、誰の言っていることが本当なのか。劇中で触れているミスディレクションが、誰から誰へのものなのか。目まぐるしく事態は変化してたびたび事件の見え方が変わってくるので、面白くて一気に読んでしまいました。

どんでん返しがある物語は珍しくありませんけど、本書は一体何回ひっくり返ったのでしょうか。終盤で再び出てくるあの文章の意味が分かった時は、本当に驚きましたし感心しました。あれ、きちんと全て見抜いた人は凄いです。

個人的にはミステリにしては登場人物が少なく、いちいち容疑者を覚える必要がないので読みやすかったです。巻頭で20人くらい名前が書かれているのを見ると、読む気がそがれます。

思っていた推理ものとは違っていましたけど、このようなタイプの本も結構好みです。


ネタばれを少しだけ↓

【ここからネタばれ】
読み終わって分かる、題名の意味。しかし、題名に注意して読んでくださいと書くと大ヒントになってしまうので、書かずにここに記しておきます。

エピローグの後がプロローグとなっていて、何か変だなーとは思っていたんですよ。ちょっとした前日譚かと思っていたら、実は真相解明編で驚きました。なんだよ一番怪しいやつが犯人だったのかよ、とそんな気持ちで読みました。鶯百合巡査部長の推理も犯人からすればまだまだ手の内にいるなと余裕たっぷりだったのでしょう。

序盤で、百合はこの事件はマスカレードが犯人だと言っている場面があって、あれが当たっていたんですね。結構大胆に書かれていて、読み返した時に勇気あるなあと思いました。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト



[ 2019/05/11 22:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1256-ea5f14d2