FC2ブログ







2019年04月17日(水)

図解・ベイズ統計「超」入門 



著者:涌井 貞美
発売日: 2013/12/17

評価〔A〕 厳密でないのが興味深いです。
キーワード:ベイズ統計、数学、入門書

先生「条件付き確率の問題に出会って困ったら、まずベイズの定理を試してみるといいわ。」(4-1より抜粋)


統計や確率は知っているけれど、ベイズ統計を知っている人はあまりいないと思います。本書ではこの便利で応用の幅が広いベイズ統計を、ベイズの定理から分かりやすく解説する入門書です。

まず会話形式で分かりやすいです。読者が考えそうな質問や疑問もこの会話の中で挙げられ、図や表と共に丁寧に説明しています。数学が苦手な方でも分かるように、数式を文章に置き換えて表現しているのも良いです。データと仮定という言葉で定理を書き換えるのは理解しやすかったです。計算がまったくないわけではありませんが、意味が分かれば難しくありません。統計学の知識がなくても大丈夫そうです。

前半ではいまいち凄さが分からなかったベイズの定理も、後半では様々なものに適用できるのが分かり面白かったです。難病Xの問題や迷惑メールの例を読むとこの定理の利便性や実用性が分かります。使い方次第で人の心理を確率で判断できるのには驚きました。あくまで確率ですけど。

基本的な考え方といくつかの応用例のみですが、ベイズ統計がどのようなものか知りたい方にはおすすめの一冊です。分かりやすい、これに尽きます。

スポンサーサイト

[ 2019/04/17 21:20 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1250-f2c3b269