2009年12月19日(土)

Q.E.D.―証明終了25 

Q.E.D.―証明終了 (25) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCGM1059))Q.E.D.―証明終了 (25) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCGM1059))
著者:加藤 元浩
出版社:講談社
出版日:2006/09/15

評価〔B〕 質が安定していて安心です。
キーワード:推理、謎解き

「誰が裏切り者だ?」(本文より抜粋)


ちょっとだけページ数が多い25巻は、クイーンこと江成姫子率いる探偵同好会に起きた出来事と、とある殺人事件を追う内閣情報調査室と競うように真相を追う事件の2話が収録されています。一つ目は軽めの話、二つ目は研究と政治が絡み合うシリアスな話と、まったく違う種類のお話が楽しめます。

既に登場したことのある登場人物が再登場する回は、いつも楽しく読めますが、この巻に限って言えば、一つ目の宇宙大戦争より二つ目のパラレルのほうが興味深かったです。若手の研究者の不遇に焦点をあてているのは、漫画では珍しいのではないでしょうか。大学は能力が高い人が出世するとは限らず、政治力が必要な場合も多々ある面が描かれています。

パラレルの冒頭で物理学の超ひも理論が説明され、終盤になってまたその話から推理にうつるのですが、予想していたほど事件と関係はなかったような気がします。数学や物理の専門用語がでてくるのは面白いし刺激的で良いのですが、無理に出さなくてもいいと思います。そのあたりのさじ加減は難しいと思いますが、今後も期待しています。






スポンサーサイト

[ 2009/12/19 22:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/123-8dc19510