FC2ブログ







2019年02月11日(月)

はっぴぃヱンド。 2 



著者:有田イマリ
発売日: 2018/1/22

評価〔B+〕 物理的ではなく精神的な恐怖。
キーワード:田舎、日常系、ホラー、サスペンス、

「それは私達の知っている・・・誰か・・・?」(本文より抜粋)


状況は解決へと少しずつ進んでいるかに見えましたが、思わぬ事件が発生し謎は深まるばかり。彼女にしてみればまさに絶望とも思える事態なのですが、諦めずにもがき続ける姿が印象に残ります。

1巻同様テンポは良いし、怖いところはきちんと怖いので面白いです。平常時の絵柄や雰囲気と非常時のそれの落差があるので、分かっていても少し驚いてしまいます。

黒幕の存在を臭わせてきたので、単なる自然現象ではないことは確かなのですが・・・・・・これって真相を推理できるたぐいのものなのでしょうか。最後の茜の台詞をヒントにちょっと考えてみようかな。


スポンサーサイト

[ 2019/02/11 17:10 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1227-b06120b7