FC2ブログ







2019年01月20日(日)

θ 11番ホームの妖精 鏡仕掛けの乙女たち 



著者:籘真 千歳
発売日: 2014/7/10

評価〔B+〕 やはりオペレーター台詞が格好良いです。
キーワード:SF、未来、駅、

「ええ、θのおまじないです」(本文より抜粋)


鏡状門で短時間で長距離移動が可能となった世界で、地図には存在しない幻の駅で働く女性、T・Bの物語です。電撃文庫から出ている同名小説を未収録作品を加えた増補改訂版です。

地の文章はT・Bの一人称なので、読みやすく分かりやすいです。のんびりした雰囲気はライトノベルのそれですが、未来技術の説明が丁寧でしっかりしていて陳腐さは感じません。良く言えばライトノベルとSFのいいとこどりです。どれも物語の核となる部分は深刻で重いですが、読後感は良いです。また、T・Bのいる場所は限定されているので、登場人物も少なく覚えやすいのも個人的には良いです。ただでさえSFは設定が多いので。

電撃文庫版は既読でしたので新鮮さはないものの、細かい内容は忘れていたので十分楽しめました。改めて読んだらアニメで見たい気分になりました。映えそう。著者の他作品・スワロウテイルシリーズとの繋がりもありますので、そちらを読んだ方にもおすすめです。


スポンサーサイト




[ 2019/01/20 11:56 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1222-57456adc