FC2ブログ







2019年01月27日(日)

幽麗塔 9 〔完〕 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2014/12/26

評価〔B+〕 Qの個性が強過ぎ。
キーワード:サスペンス、戦後、完結、

「そうじゃない・・・。もっと短いたった一つの言葉だよ。」(本文より抜粋)


財宝探しに終止符が打たれましたけど、もう一つの大きな問題には決着がついていません。この巻では、テツオの決断とその行方について描かれています。

最終巻にふさわしく、どの登場人物もそれぞれの思惑で動き、それぞれの結末をむかえます。印象に残ったのは丸部の本心です。あの格好で口から出た「野望でも欲望とかじゃない」という言葉は、どこか説得力のあるものでした。ミステリーの部分も含めて、裏の主人公は彼だったと思います。

このシリーズの主題は時代によって評価が変わりそうです。戦後直後でしたらセンセーショナルですし、おそらく理解の進んだ近未来なら理解されないなんてなんて野蛮な、となるかもしれません。

結末については賛否両論ありそうですが、すっきり終わり読後感は悪くありません。


スポンサーサイト

[ 2019/01/27 21:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1220-7a52fa85