FC2ブログ







2018年12月17日(月)

バッタを倒しにアフリカへ 



著者:前野ウルド浩太郎
発売日: 2017/5/17

評価〔B+〕 すごく楽しそう。
キーワード:昆虫学、サバクトビバッタ、モーリタニア、ポスドク、

何も取り柄がない自分だったが、フィールドワークを苦に思わないのが取り柄になるかも。このサハラ砂漠ことが自分が輝ける舞台なのではないだろうか。(本文より抜粋)


表紙のバッタ人間を見て、なんだか軽い感じの新書なのかなと思っていましたが、期待を上回る面白い本でした。題名どおり若き昆虫学者がアフリカはモーリタニアに行き、今までまったく異なる環境でバッタを相手に奮戦します。

まず文体が研究者の書いたものとは思えないほど軽めで読みやすいです。まるでネット記者のようです。加えて、数多くのカラー写真が掲載されていて、モーリタニアがどのような場所なのか、バッタの大群とはどのような光景なのかひと目で知ることができます。

面白いだけでなく押さえるべきところはしっかり書かれています。アフリカでのバッタによる被害の深刻さ、ポスドクとして職を得ることの難しさ、生物相手に思うようにいかない研究。いくつもの困難が著者を待ち受けますが、好きなものに対する意欲と行動力で立ち向かいます。最大の決断を迫られた後の第7章に心打たれました。研究所のババ所長が印象深い。

テレビで若い女性の生物学者がジャングルで何か月も暮らしている様子を伝えていましたけど、あの人と同じなんだろうなと思うと納得できます。好きだからこそ、なのでしょう。ここまで突っ走れるのが羨ましいです。

今後どのような成果を出すのか、その時にまた別の本で合えるのを楽しみにしています。


スポンサーサイト

[ 2018/12/17 21:31 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1211-e2ce51ad