FC2ブログ







2018年12月17日(月)

勉強の技術 



著者:児玉 光雄、 にしかわ たく
発売日: 2015/11/17

評価〔B〕 知ってはいたけれど面白い。
キーワード:勉強、学習、意欲、集中力、

1時間ごとにブレイク・タイムを設定すれば、さきほど説明した初頭効果と終末効果が期待できる時間も3倍に膨れ上がります。(本文より抜粋)


学校の勉強に限らず、効率的に学習するためにはどうしたらよいのか知りたい人はたくさんいます。そんな人たちに向けた1冊で、
こうすれば全て解決といかないまでも、少しだけ勉強がはかどる手法やコツがいくつも書かれています。

計画、集中力、意欲と様々な面での技術を紹介しているので、誰しもいくつかは自分に合った方法を見つけることができるのではないでしょうか。私が目を引いたのは、物事の最初と最後に集中力が高まる初頭効果と終末効果です。長時間勉強するより、ちょこちょこ勉強するほうがよさそうなのでは経験的に分かっていましたが、こうして科学的に立証されていたと分かるとなんだか嬉しいです。この方法は続けるつもりです。また、全脳思考という考え方も面白いです。どちらかの脳にも偏らないよう新しいことに挑戦してみたくなりました。

読んでいて他の本で知っていた方法や概念が結構あったので、あまり目新しさはなかったのが少々残念でした。しかし、どの項目から読んでも役に立つので、いつでも気軽に読み返そうと思います。



スポンサーサイト

[ 2018/12/17 21:29 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1210-d5cdcfc1