FC2ブログ







2018年11月26日(月)

水族館の殺人 (創元推理文庫) 



著者:青崎 有吾
発売日: 2016/7/28

評価〔A-〕 手がかり少なすぎ。
評価〔B+〕 手がかり少なすぎ。
キーワード:推理、学園、文庫化

「一人だけ、こういう問題に強そうな奴を知ってる」(P171より抜粋)


卓球少女・袴田柚乃と駄目人間・裏染天馬のコンビ再び。地元の水族館で起きた凄惨な事件は、容疑者が多く手がかりが極端に少ないものでした。天馬は謎を解き明かすことができるのか? 「体育館の殺人」に続く2冊目です。文庫化。

前作同様、登場人物が多いですがそれをあまり意識させない読みやすさがあります。天馬の趣味のせいもあってか、読んでいて重くなることはなさそう。高校生探偵は捜査に加わる経緯は雑ですが、緻密な推理は健在で面白いです。あの消去法のような推理はまさに合理的で、ひらめきで解いてしまうのとは違って説得力が格段にあります。あそこまで物事を分解して考えられれば、本当に凄いと思います。

アリバイや証言の時間が嫌に正確なことなど多少の違和感はありましたけど、今回も楽しめました。ただ、全体的には前作のほうが質は上だと感じました。結末があっさりだったのが特に。次の作品も出版されているようなので、楽しみです。



スポンサーサイト

[ 2018/11/26 18:29 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1207-3477ac96