FC2ブログ







2018年12月06日(木)

幽麗塔 4 



著者:乃木坂 太郎
発売日: 2013/1/30

評価〔B+〕 昭和でジェンダー論。
キーワード:サスペンス、戦後、

「あんな谷底に、村が・・・」(本文より抜粋)


地下での事件後、天野とテツオは一冊の本に注目し、新たな手掛かりを求めて動き出します。

またも本編からずれてサイドストーリーへと突入しますが、ただのサスペンスではなくジェンダー問題と絡めて展開していくのがなんとも新鮮です。時代が現代でしたらよくありそうですが、昭和とジェンダーの組み合わせは目新しく、あれこれ考えてしまいます。シリーズとしては進まないので良くなかったですが、これ単体で見ると興味深い事件でした。

事件の結末は、うーん、なんかすっきりしないなあ。いや、分かるのですがもっと分かりやすく終わってほしかったです。


スポンサーサイト

[ 2018/12/06 21:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1205-0cf5cd45