FC2ブログ







2018年11月14日(水)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 



著者:木元 哉多
発売日: 2018/3/22

評価〔A-〕 沙羅は意外と甘いよね。
キーワード:ミステリ、死後、連作短編集、

「あなたが、あなたを殺した犯人を推理して、みごと言い当てることができたら、生き返らせてあげましょう」(本文より抜粋)


推理小説には様々なタイプの探偵が登場しますが、被害者が探偵役というのはどうでしょうか? 本書では死亡した被害者が、なぜ自分は死んでしまったのかを推理する個性的な推理短編集です。第55回メフィスト賞受賞作。

このシリーズは、講談社の「閻魔沙羅からの挑戦状 犯人を当てれば現金5万円!」で知りました。問題も本書と同じく被害者が推理するものでしたけど、情報が限定された状況で被害者と一緒に頭を捻るのが面白いです。本来ヒントはありませんが、彼らの推理がヒントとなるので、自分で解きたい方は霊界の案内人・沙羅がスタートと言った時点で推理すると良いでしょう。事件自体は他の推理小説と比べて易しめです。ミステリマニアには物足りなさそう。

霊界での二人の会話は短いものの、思いのほか人情味があって良かったです。沙羅は冷酷なように見えますが易しいよね。彼女が本人の気づかなかった、もしくは見て見ぬふりをしていたことを指摘する場面は印象に残りました。

推理の難易度だけ見るとインパクトに欠けますが、被害者に推理させる形式はかなり面白いです。変わった推理小説をお探しなら試しに読んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト

[ 2018/11/14 21:09 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1203-06f71474