FC2ブログ







2018年09月09日(日)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか~韓国人による日韓比較論~ 



著者:シンシアリー
発売日: 2017/11/2

評価〔B〕 グルメ本ではありません。
キーワード:韓国、外国、対日観、日本観、

韓国と日本の「見えない差」の中でも、私としてはトップクラスの差だと思っている、「ご飯」を楽しむ時がきました。(第二章より抜粋)


題名から政治・文化の話ではなく、日本の料理を題材にした本なのかと思って読んでみたら、著者の他の本同様、主に日韓文化比較が語られていました。副題にもそう書かれていますね。うっかりしていました。本書は同名の単行本を新書化したものです。

著者と彼(?)の姉と姪の3人で日本を旅行した体験談を紹介しつつ、2国の制度や価値観の違いを分かりやすく説明しています。日本人の視点とは異なる点と、現地の生の声が綴られているのが特徴です。ご飯、白米に関しては、農業制度・接待文化などが原因で味に差がついたと結論付けています。これって、収穫してすぐ日本に輸入し管理したら味が向上するのでしょうか? また米の成分はどうなんでしょうか?

栓抜きや温泉は両国の違いを表す印象的な話でした。ネットでときどき見かけるスプーン階級論に触れられていたのも良かったです。ただ著者の考察も良いのですが、日本経験(?)が浅い姉や姪の発言が興味深かったので、もっと採り上げて欲しかったです。

巻末に「新書版のための新章」が収録されています。大きな決断をされて新たな1歩を踏み出した著者には、これからも興味深い本を、そして日本の良い点だけでなく改善すべき点も遠慮なく書いてほしいです。


スポンサーサイト




[ 2018/09/09 11:59 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1187-87629baa