FC2ブログ







2018年07月14日(土)

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より- 



著者:上遠野 浩平、 荒木 飛呂彦
発売日: 2014/3/24

評価〔B+〕 能力バトルが合っています。
キーワード:ジョジョの奇妙な冒険、第5部、外伝、超能力、小説化、改装版、

獰猛。それは爆発するかのように襲い、そして消え去るときは嵐のように立ち去る。(4章より抜粋)


人気漫画、ジョジョ奇妙な冒険の小説です。舞台は第5部終了後、主役は主人公チームと袂を分かったパンナコッタ・フーゴと、気になっていた人も多いと思われる題材です。ジョジョ25周年の小説企画第一弾だそうで、私が読んだのは2011年の初版を追加修正し改装したものです。

原作での出番が少なかったフーゴの過去や考えが丁寧に描写されていて、そのうえで矛盾しないのが巧みだし良かったです。雰囲気を損ねることなく辻褄が合うようにするのは難しかったと思いますが、流石というほかないですね。

数人の新たなスタンド使いも登場し、第5部のギャングたちの戦闘も迫力があります。他の書評で文章のみでスタンドバトルが描けるのか?と疑問におもう方もいそうですが、その点に関しては心配ないと思います。ブギーポップシリーズを初め、能力バトルはたくさん書いていますし。

ただ、戦闘のテンポは良いのですが、意外とあっさり決着がついてしまったものもあり、物足りないと感じたときもありました。期待していた某スタンドの戦闘がすぐ終わってしまったのは残念です。

原作の荒木飛呂彦が挿絵を書いていて、スタンド紹介あり豪華です。各所に他の登場人物やエピソードと繋がるシーンがちりばめられているので、ジョジョを深く読んでいるいる人ほど楽しめる作品でした。



スポンサーサイト

[ 2018/07/14 21:43 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1170-f64d1aa2