2009年11月28日(土)

Q.E.D.―証明終了24 

Q.E.D.―証明終了 (24) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCGM1043))Q.E.D.―証明終了 (24) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCGM1043))
著者:加藤 元浩
出版社:講談社
出版日:2006/05/17

評価〔B〕 知ってはいたけれど面白い。
キーワード:推理、謎解き

そうなる前にまず一つずつ、謎を解いていきましょう。(本文より抜粋)


前回の記事、23巻に続いて24巻の感想です。

この巻では、あるカラオケボックスで起きたトラブルをめぐる「クリスマスイブイブ」と、犯人の視点で事件が進む「罪と罰」が収録されています。前者は幾つかの日常の謎を同時に扱ったもので、今までも何回もあったパターンでしたが、実にQ.E.Dらしくて面白いです。後者は、いわゆる倒叙形式で犯人が最初から明かされています。TVドラマの古畑任三郎や刑事コロンボと同じ形式と言えば分かるでしょうか。水原警部が事件を担当します。

「罪と罰」は読み始めてすぐ、なんか知ってるな~と不思議な感覚を覚えたのですが、読み続けているうちに、これ、NHKで放送されてた実写版でやっていた話と同じだ、と思い出しました。そう言えばドラマ化されたんだよね、この作品。某友人の感想は酷いものでしたが……。想の背が可奈より高かったのが違和感があったなあ。

どちらの話も緻密なトリックは出てきませんが、23巻より良かったです。「罪と罰」はどのように終結するか知っていたのだけれど、なぜか楽しめました。なんでだろう。次の巻は読み物として読むのではなく、久しぶりに推理に挑戦してみようかな。





スポンサーサイト

[ 2009/11/28 22:21 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/116-b44a67ea