FC2ブログ







2018年05月26日(土)

賭博師は祈らない 



著者:周藤 蓮、 ニリツ
発売日: 2017/3/10

評価〔B〕 結構地味で結構渋い。
キーワード:賭博師、近代ヨーロッパ、トランプ、奴隷、

「おはようございます、ラザルス様。商品のお届けに上がりました」(本文より抜粋)


不況で賭け事をする人が少なくなったとはいえ、まだまだたくさんいます。いつの世もどこの社会でも賭け事は人気です。賭け事はお酒と一緒で人間の歴史の中でなかったことはあるのだろうかと疑問に思います。本書の主人公ラザルスも賭け事が好き、ではなく賭け事を仕事にしているギャンブラーです。

ライトノベルにありがちなヒロインの強烈な個性で突っ走るタイプではなく、読者の馴染みのない世界、十八世紀末のロンドンの様子を丁寧に描写していて興味深いです。地味と言えば地味ですが、中世が終わり近代に入った頃の生活や街の様子などが新鮮でした。ラザルスと出会う奴隷少女・リーラも、当時の奴隷はこんな風だったかもしれないと思わされます。

本題のギャンブルは盛り上がりはしますが、予想を大きく外れることもなく、捻った展開を期待していただけに少し残念でした。意外とあっさりした印象でした。

表紙も口絵もリーラを推していますが、萌え要素はかなり少なめです。ギャンブルものとしてよりも、時代小説として楽しめました。


スポンサーサイト

[ 2018/05/26 21:24 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1158-e083c094