FC2ブログ







2018年02月26日(月)

誰も調べなかった日本文化史 土下座・先生・牛・全裸 



著者:パオロ マッツァリーノ
発売日: 2014/9/10

評価〔B+〕 ちょっとした文化の変化が興味深いです。
キーワード:文化人類学、民俗学、日本、

いま日本人が土下座と呼んでいる所作は、本来、平伏といわれていたものです。平伏までいかない、しゃがんだり片膝立てたりする所作を蹲踞(そんきょ)、あるいは、うずくまりなどといいました。(第一章より抜粋)


日本の文化に興味を持つイタリア生まれの著者が、日本人だったら身近過ぎて疑問に持たなさそうなものに対して、深く掘り下げていく読み物です。エッセイ風の歴史文化史、と言えばよいのでしょうか。題名ほど堅苦しくはありません。むしろざっくばらんです。

それにしても、土下座や先生、新聞広告と多種多様なものが挙げられています。謝罪は日本のエンターテインメントと評し、そこから土下座の本来の意味まで話を繋げていて、読ませるなあと感心してしまいました。時が経つにつれ言葉の使い方が変わるように、動作や仕種の意味も変わっていくとは少々驚きです。また、「疑惑のニオイ」ではある飲み物のにおいについて書かれていて、読んでいて非常に興味深かったです。外国に行ってそれを飲んだときに、薄いような物足りないような感じがしたのは、気のせいではなく理由があったのか。色々勉強になりました。機会があったら、におわないほうを買って飲んでみよう。

外国人の視点を活かして書かれた本はたくさんありますが、本書は単に思うだけ批判するだけでなく、裏付けを取るために色々と調べているのが珍しいです。新聞社の昔の記事、昔の書物や研究者の論文を当たり、論理的に結論を導いているのがエッセイとは大きく異なります。言いっぱなし書きっぱなしで責任を取らない専門家が少なくないですが、著者のようにきちんと調査して発表してくれればいいのにと思うばかりです。そのあたりは「諸説あります」に詳しく書かれていますので、興味のある方は是非ご一読を。


スポンサーサイト

[ 2018/02/26 21:29 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1135-b3f82cdc