FC2ブログ







2018年01月11日(木)

性と法律 



著者:角田 由紀子
発売日: 2013/12/21

評価〔A-〕 少しずつ改善していこう。
キーワード:法律、男女差別、価値観、慣習、

職場で女性が働くときに性的なことにかかわって屈辱的な扱いを受けたり、それによって職を失なったりすることが珍しくなかったことは、この裁判の証拠とした実態調査結果報告書『女6500人の証言』でも明らかであった。(5セクシャル・ハラスメントより抜粋)


男女平等の世の中と言われていますが、人々の価値観や慣習はすぐには変わらず、なかなか差別をなくすまでは至っていません。例えば、男女で賃金や雇用形態が異なるのは徐々に改善してはいますが、昔から問題となっています。弁護士として40年以上働き、この問題に従事してきた著者が、得た女性の声や現状を説明しています。

結婚、ドメスティック・バイオレンスと章ごとに項目が分かれているので、読みやすいです。法律には疎いので、こうして整理して書いてくれると分かりやすくて助かります。戦前のことにも触れていますけど、現在進行形の問題もあります。予想していたよりも男女で差があることに驚きました。どの章からも著者の怒りが伝わってきました。印象深かったのは、「性暴力の暴行の程度を問うのはおかしい」「妻に強姦罪が適用しないのもおかしい」です。

また、法律の専門家でも、慣習的な価値観から抜け出せない人が数多くいることにも驚きました。家長は男性(夫)で、その権利と義務があると感じている人は現在でも多そうです。ところで、この女性差別の裏には、男性はこうあるべきと考えている場合も多いと思います。男は仕事をしてお金を稼ぐものだ、とか。仕事も家事も男女関係なく行うものなのですが、意識の面ではまだまだ昔の差別的な価値観が残り続けています。意識は当事者たちだけでなく社会全体の問題なので、自分も気をつけようと思います。

読んでいると著者の怒りは理解できますが、他の問題も複雑に入り組んでいる場合もあるので、簡単にはいかないなと思うこともいくつかありました。慰謝料を払わない元夫は、低賃金で払えないのかもしれませんし、DV対策に警察や国は配慮してくれないとありますが、人員と予算が足りていないのかもしれません。

男性は責められているように感じることもあるかと思いますが、男女どちらが読んでもためになる本です。



スポンサーサイト

[ 2018/01/11 23:09 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1123-dd039e60