2018年01月11日(木)

誰も僕を裁けない 



著者:早坂 吝
発売日: 2016/3/3

評価〔B+〕 面白いけどお勧めしずらい推理もの。
キーワード:推理、館、殺人事件、アリバイ崩し、

「あの、さっき紙をもらった者なんですけど。SOSの。」(本文より抜粋)


テレビでは様々な職の人が探偵役となって事件を解決していますが、本書では女子高生探偵、もっと詳しく言えば「援助交際探偵」上木らいちが事件に挑みます。

彼女が招かれた家は何か事情がありそうな住人たち、奇妙な形をしたいかにも何かありそうな館と、推理小説にはありがちな舞台ですが、そこはやはりこの著者のこと、一筋縄ではいきません。そして、高校生・戸田公平がある女性と出会い親密になっていく様子も、並行して語られます。

探偵役のせいで色事は避けられませんが、単なるサービスではなく、必要なシーンであったのは良かったです。それにしても、あのトリックは本当にできるのだろうか・・・・・・。また、戸田のほうの恋愛は思わぬ方向へと進み、あまり知られていなさそうなことを教えてくれます。裏表紙にはエロミスと社会派の融合とあり、結構的を射た表現だと思います。ためになりました。冒頭の裁判はどのような意味なのか最後まで読めば分かるのですが、途中で当てるのはなかなか難しいです。

少なくない伏線も巧妙に張られていて、注意して読んでいて伏線も怪しいと気づいたのですが、真意が読めずしてやられました。くやしいが面白かったです。次の作品では騙されないようがんばろう。



スポンサーサイト

[ 2018/01/11 23:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1122-fff28723