FC2ブログ







2018年01月02日(火)

エンバンメイズ 6 (完) 



著者:田中一行
発売日: 2016/12/7

評価〔A〕 すっきり終わって良かったです。
キーワード:ダーツ、賭け事、心理戦、

「オレは、人生を始めるためにここまで来た」(本文より抜粋)


地獄の砂時計を使用したゲーム。そして、ついに施設を牛耳る者と、レインボウの異名を持つ最強のプレイヤーが登場します。ページ数増量の最終巻です。

ルールは簡単なのに、内容が厳し過ぎる最後のゲーム。あれって現実でもできるのでしょうか? 180点が当たり前の百発百中の凄腕ばかりでダーツの腕に差はなさそうですが、ゲーム中のミヤコの発言を見るに、やはり差はあるみたいですね。

面白い漫画は幕をどう下ろすのか難しいのですが、本シリーズは引き伸ばすことなく、きちんと決着をつけて終了するのが良かったです。どのゲームもテンポ良く進んで楽しめました。

シリーズとしての評価もAです。対決もので面白いものは何かない?と尋ねられたら、自信を持ってこの漫画をおすすめします。次も面白いワクワクする漫画を期待しています。




ネタばれ感想↓

【ここからネタばれ】
最後の相手が退場した人ってのは、定番と言えば定番ですよね。彼の異名が“羽化(レインボウ)”なのも、凄みはないけれど格好良いです。「本日のメインイベント」の後のプレイヤー紹介の2ページが、迫力あって好きです。鈴音の諦めたような無表情も状況の厳しさを物語っていて良いです。

鈴音と言えば、結末で酔っていてもミヤコより強いことが判明しました。どんだけ強いんだ。無効となった徨とのゲーム、実際戦っていたらどのような結果になっていたんだろう。度胸はあるし頭も回りそうだから、羽化以上に苦戦しそう。また、彼女が対決時に“歌姫(セイレーン)”と呼ばれていたのは、主人の意向なのでしょうか。かなり嫌らしいよね。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2018/01/02 19:05 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1119-71450154