FC2ブログ







2017年12月07日(木)

白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― 



著者:るーすぼーい、 白身魚
発売日: 2015/11/25

評価〔C〕 予想よりも重く暗かったです・・・。
キーワード:児童養護施設、サスペンス、子供、

どうすれば一日も早く小倉から樹を取り返せるのか。そして、今後、ヤツを陽咲を近づけさせないためには?(本文より抜粋)


人里離れた児童養護施設で暮らす旭、樹そしての陽咲の物語です。副題からも想像できるように、明るく楽しい世界ではなく、閉ざされた施設で平穏無事を望むという重くシリアスな内容です。しかし、痛々しくて読むこともできないというほどではないと思います。

サスペンスの手法で書かれ推理の要素も含んでいますが、どちらかと言えば青春もののような気がします。主人公である旭の正義感や行動力が強く印象に残りました。未成年のせいか、全体的に健気な3人というイメージ。もちろん、推理ものとして読んで楽しむこともできます。私は深く考えずに読んでいましたが。

予想外の展開や隠された真相があるのだろうかと期待しながら読んでいたのですが、そういうことはありませんでした。何か期待し過ぎていたのかもしれません。でも、もう少し何かインパクトが欲しかったかなとも思います。

一応、事件は区切りのよいところまで進みますが、完全には終わりません。2巻へ続きます。それを知らずに読んで、最後で驚いてしまいました。これから読む人は注意してください。



ちょっとネタばれ↓

【ここからネタばれ】
何か叙述トリックでもしかけてあるのかなと、全て疑いながら読んでいました。1章最後に樹が「二人、いや三人で」と言い、その後時任が、小倉と旭の3人でいるときに「旭、お前はまだ捕らわれているのか?」と言ったので、てっきり陽咲が存在しないのかと勘違いしてしまいました。旭の目にだけ見える幻覚。皆知っていて合わせているだけ。

何回か戻って陽咲が登場するシーンを読み返したのですが断定できず、もやもやしながら読み進めたら、何事もなく読み終わって肩透かしを食ったような気分でした。叙述トリックは見破るのが難しいですね。

【ネタばれここまで】

スポンサーサイト
[ 2017/12/07 21:54 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1112-a55199c3