FC2ブログ







2017年11月29日(水)

資格の神様 



著者:十階堂 一系、 かろちー
発売日: 2017/5/10

評価〔C+〕 非常に個性的なテーマです。
キーワード:資格、学園、恋愛、

「というわけで少年!!我らが資格取得部、通称ステイタスメイカークラブ略してSMC、もしくは蔑称・勉強オタクの会へようこそ!」(本文より抜粋)


ライトノベルでないジャンルはあるのだろうかと思うほど、様々なものが題材として取り上げられていますが、本書はその中でもかなり珍しい資格取得と資格マニアにスポットが当てられています。

大雑把に話が進んでいくのかと思いきや、しっかり実在する資格を話の対象としていて驚きました。資格の勉強をしたことがある人なら共感できること、例えば参考書の選び方や過去問の重要さなども細かく書かれていて、資格マニアの実態が垣間見ることができます。終盤の資格を取ることと自分を変えることの解釈も、なかなか興味深かったです。

資格取得自体は良かったのですが、物語としてはなんだか中途半端な印象を受けました。資格と恋愛、資格と精神的成長、資格とコメディー、どれか1つに絞っていれば違っていたかもしれません。資格と生き方の関係は良かったのですが、個性豊かな部員たちや表紙の神様はもう少し活躍の場があっても良かったのでは、と思います。その点が残念でした。


スポンサーサイト

[ 2017/11/29 21:19 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1111-40d55be3