FC2ブログ







2017年10月27日(金)

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます  



著者: 林 公一
発売日: 2013/12/13

評価〔B+〕 本人や関係者の生の声があります。
キーワード:精神科、Q&A、相談、うつ病、統合失調症、

姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。(1章より抜粋)


数年ほど前に、著者のサイト「Dr林のこころと脳の相談室」から転載された文章を読み、衝撃を受けたのを覚えています。それは1章の「家の中にストーカーがいます」でした。今回改めて読んだのですが、やはり怖いです。

選集とあるように、相談サイトによせられた悩みの中から55件を選び収録しています。著者は医療相談は明るい希望だけを伝えるもので、それは事実ではないと主張しています。サイトのほうにも、質問される方へで「事実を回答することを基本方針としております。医療相談ではありません。」「精神科に関係したことなら、どんな質問もOKです。」と書かれています。

相談対象は相談者本人、家族、職場の部下など人生相談同様様々で、内容も統合失調症やうつ病はもちろん、擬態うつ病や独特な嗜好などこちらも様々です。病人の家族を持て余している人や、なかなか病気が治らず不満がある人の長い長い文章を読んでいると、自分の想像していたものよりも苛烈で驚きました。生の声の迫力や訴える力は凄いです。

先生の回答は医者としてむやみに断言せず事実を淡々と述べていて、正確に見極めようとする姿勢に好感が持てます。著者の擬態うつ病の本に興味を持ちました。

相談者によって読みづらい文章があったのが、少々きつかったです。病人本人の主観を知ることができるのは良いのですが、支離滅裂な部分や同じことを何度も繰り返すことがあり、病人の話だと分かっていても混乱します。それが長かったりすると読むのも辛いです。精神科医やカウンセラーは本当に根気を要する仕事ですね。



スポンサーサイト

[ 2017/10/27 20:14 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1099-b69b0f40