FC2ブログ







2017年10月04日(水)

Q.E.D.証明終了 47 



著者:加藤 元浩
発売日: 2014/2/17

評価〔B+〕 2話とも本シリーズらしさが出ていました
キーワード:推理、謎解き

「あのときなんで私を信じてくれたの?」(本文より抜粋)


研究施設で発生した機密漏洩未遂事件の犯人を捜す「陽はまだ高い」と、ある中学校で起きた出来事とある人の発言の真意を探る「坂道」の2本です。後者は新作描き下ろしです。

「陽はまだ高い」は数学絡みの事件です。懸賞問題にもなっているNPクラスが、簡単ではありますが説明されていて興味深かったです。どうやってそれを行ったか?を推理するのですが、ヒントはきちんと示されていますけど難しかった。

「坂道」はいわゆる日常の謎です。上記の事件とは違って燈馬よりも可奈に焦点となるエピソード。推理ものとしても物語としても楽しめます。燈馬は不自然な行動や発言から推理していますけど、気がつかなければとらえどころがなく、アリバイ崩しよりも難しいかも。



スポンサーサイト

[ 2017/10/04 21:53 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1091-05eadba6