FC2ブログ







2017年09月28日(木)

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! 



著者:田村 潤
発売日: 2016/4/21

評価〔B-〕 まずは動機づけ、そして習慣に。
キーワード:営業、ビール、リーダー、上司、現場

最下位クラスから1位へ、負け続けから勝ちに転じた、その要因はテクニックではありません。捉え方であり、行動スタイルなのです。(第1章より抜粋)


ライバル会社の新商品により苦境に陥っている中、著者が転勤先となったのは高知支店でした。縁のない地方で悪戦苦闘の末に学んだ営業のポイントについて語ります。著者は元キリンビールの営業本部長です。

なにか特別なデータ解析方法やセールス話術が書かれているかも、と期待した方はおそらくがっかりしてしまうでしょう。重要なのは、仕事の動機づけと自分で考えて動くことだと説いているからです。基本中の基本かもしれませんが、現場に行って顧客に顔を覚えてもらい意見を聞く、無駄だと思わずに色々試してみるのが、後々成功へ繋がると書かれています。テクニックはまったく書かれていない訳ではなく、自発的に約束させ、当事者意識を高めるのは分かりやすくて効果的だと思います。

地方によって効果的な手法が違うのが興味深いです。データ上の数字には表れない地域性が、地道な営業によって分かるのは感服しました。また、移動先によって少しずつ方法を変えて部下を指導・育成できたのは、指針だけ示し、具体的な営業活動は任せたおかげなのでしょう。会議廃止、本社の言うことは聞くな、など大企業ではなかなか言えない指示も思い切って出しています。

1章の最後のほうで、「真っ暗なビルで、支店だけに明かりがついているのを見て勇気づけられた」とあります。仕事熱心なのは良いことですが、自らの意思とは言え遅くまで残業して労働環境や残業代はどうなっているのだろうかと、余計な心配をしてしまいます。著者のように仕事が人生の中で最も大切と思っている人は良いですが、家庭やその他の活動が1番と思っている人にはやりづらい職場に見えます。

何か特別なことがあるのかなと思いながら読みましたが、営業はどの業種でも通用する基本をしっかり続けることが肝心だと再認識しました。


スポンサーサイト

[ 2017/09/28 21:44 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1088-78ba3ba3