2017年08月12日(土)

なぜ、それを好きになるのか? 脳をその気にさせる錯覚の心理学 



著者:竹内 龍人
発売日: 2014/3/10

評価〔B+〕 無意識と誤解の産物です。
キーワード:心理学、好意、視覚、

自分の行動や認知の理由を何かのせいにすることを帰属と呼びます。人間の面白いところは、この帰属が常に正しいというわけではないところです。(第2章より抜粋)


強烈にではなく、ぼんやりとした感じで好きなものはありませんか? なんとなく好きだけど上手く説明できないのはなぜでしょうか。実験心理学の研究から、そうした好きという感情の仕組みに迫ります。

堅苦しくない文章で、脳の情報処理の仕組みから順を追って説明しています。視覚の重要さから始まり、どのように無意識として反映されるかまでを分かりやすく書かれています。単純接触効果は他の心理学の本を読んで知っていましたけど、その先の「処理の流暢性による誤帰属」は知らなくて驚きました。理由があって好きになるのではなく、好きなんだと理由づけしてしまうとは・・・・・・。

具体的な例も、色や絵画、異性の表情など様々な形で挙げています。応用編として、なんとなく好かれるために注意すべきことや、自分から苦手なものを好きになる方法も書かれていて、自己啓発書や実用書のようでもありためになります。特に、勉強(学習)に関する記述は新鮮でした。成績の良さの原因は知能指数ではなく自制心の強さ、自制心も疲弊する、はそうかもしれないと感じました。

好きを解明する読みやすい本でした。


スポンサーサイト

[ 2017/08/12 18:45 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1072-957402c7