2017年08月12日(土)

Q.E.D.証明終了 46 



著者:加藤 元浩
発売日: 2013/10/17

評価〔B〕 どっちも殺人事件でした。
キーワード:推理、謎解き

「この問題は“問いかけ”ではなく“メッセージ”のような気がしたんです」(本文より抜粋)


とある演芸場で起きた日常の謎を解く「初恋」と、過去の事件の真相をおう「巡礼」の異なるタイプが収録されています。同じタイプよりこういうほうが好きです。

「初恋」は寄席の楽屋で何が起こったかを推理する話ですが、推理そのものよりも、落語の師匠が説く芸とは何か?のほうが印象に残りました。落語家に限らず、創作者や表現者は大変ですね。

「巡礼」は出版されなかったノンフィクションについてです。第二次世界大戦中に起きた事件と、某の不可解な行動が謎となっています。燈馬はまるで見てきたように真相を言い当てますが、難しいですよねこれ。自分が彼だったらどうするか、考えされられるエピソードでした。

また、終盤燈馬が可奈のためを思って配慮する場面は、本シリーズ初めのころの彼だったらしなさそうなことでしたので、内面も変化していることがうかがえます。46巻ですからね。


スポンサーサイト

[ 2017/08/12 18:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1071-468ed713