2009年10月31日(土)

雑談力 おしゃべり・雑談のおそるべき効果 

雑談力 おしゃべり・雑談のおそるべき効果 (マイコミ新書)雑談力 おしゃべり・雑談のおそるべき効果 (マイコミ新書)
著者:川上 善郎
出版:毎日コミュニケーションズ
発行:2008/07/23

評価〔B-〕 うわさと悪口の考察は興味深いです
キーワード:コミュニケーション、実用、

どうしておしゃべりや雑談で人間関係が変わるのか、どうしておしゃべりで自分自身が変わるのか、さらには、組織や社会までが変わってしまうのか、そのメカニズムを理解してももらうために書きました。(はじめにより抜粋)


雑談という身近にありながらも、おそらくは深く考えることのないような題材を扱った本です。肩の凝らない気軽に読めそうな新書をと思って手に取りました。なにせ雑談だしね。

全部で8つの章から構成されていて、一つ一つはあまり長くないのでスラスラ読めると思います。最初のほうは雑談の種類や効果などについてで、予想通りの展開だったのですが、4章でアンケートをもとに男女の雑談の違いを明らかにするあたりから徐々に興味深くなっていきました。後半は、よくないとされる雑談、噂や愚痴・自慢話なども書かれています。本文でも書かれていますが、悪口やうわさの社会的機能は他の本であまり扱っていないだけあって、なかなか新鮮で面白かったです。

うわさは女性の専売特許ではないことや、会議では個人で決断するよりもよりハイリスク・ハイリターンになりやすいことは、意外でした。前者はデータと共に考察が書かれているので、興味のある方はご覧下さい。「お世辞の威力」のようなちょっとした話も、なるほどと感じました。

6月に読んだ「理系のための恋愛論」もそうですが、マイコミ新書は他の新書に比べてコラムに近くて、硬くなく読みやすい感じがします。他のマイコミ新書もどんなものがあるか確認していこう。



スポンサーサイト

[ 2009/10/31 10:58 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/107-a281fdb5