2017年07月30日(日)

世界八番目の不思議 1 



著者:宇島葉
発売日: 2015/12/14

評価〔B〕 少々変わった2話連作短編集。
キーワード:短編集、

「ぶっちゃけ脱衣婆ってどうよ」(本文より抜粋)


SFからファンタジーまでジャンルごちゃまぜ、なんでもありの短編集です。基本的にコミカルで、ちょっとカクカクした感じの特徴ある絵です。

2つの短編が1つのエピソードを構成しています。1つのエピソードがPartAとPartBに分かれている、と言ったほうが分かりやすいでしょうか。しかし、PartBが捻ったものが多く、面白いし巧みだと感じました。

どれも非日常ですが、壮大な感じや危機感はあまりなく、変わった日常として進行していきます。何が起きても日常は続くみたいなギャグ漫画です。強烈な話が読みたい人には向きません。でもこういう本のほうが、繰り返し読んじゃうよね。パイ投げの話が好き。

本書は分量が少ないのが不満です。価格も安いわけではないし。せめてあと1エピソード(2話分)欲しかった・・・・・・。


スポンサーサイト

[ 2017/07/30 11:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1068-2b60257a