2017年06月28日(水)

南極点のピアピア動画 



著者:野尻 抱介、 KEI
発売日: 2012/2/23

評価〔B+〕 はじめが身近なところが良い。
キーワード:SF、宇宙、動画共有サイト、ボーカロイド、現代、連作短編集

「私、聞いたことあります。“ハミマ入店音シリーズ”のことですよね?」(「コンビニエンスとピアピア動画」より抜粋)


表紙や題名から推測できるのですが、動画共有サイトとボーカロイド、そして少し恋愛を加えたSFです。SFマガジンに載った3編に描き下ろし1編、合計4編からなる連作短編集です。

どのお話も、些細な思いつきからとりあえず面白そうなことを始めてみるのが発端で、ネットの動画投稿の精神がそのまま表れているのが実に現代的です。個人の願望がどんどん大きく発展していくのがテンポ良く描かれています。軽く緩い雰囲気を保ちつつ非日常へと繋がっていくのが楽しいし面白いです。2話目の「コンビニエンスとピアピア動画」が結構好みです。

元ネタがニコニコ動画と初音ミクなので、ネットやオタク文化に明るい人は親近感がわき、より楽しめると思います。著者のように動画を投稿している人は特に。逆に、そういうのが好きでない人たちにとっては、ピンとこないかもしれません。

SFらしく科学の専門用語が多い台詞もありますが、理解できなくても物語は楽しめますので心配いりません。私も分かりませんでした。全部分かる人は相当のSF好きか、宇宙ファン(と言うのでしょうか?)でしょう。

現実でタッチパネル式の端末が、突如現れた時のように、かなりワクワクしました。4話目はスピードも量も圧倒的で思わず笑ってしまいました。想像しやすい身近なSFは、なんというか世の中の可能性を感じられて楽しかったです。


スポンサーサイト

[ 2017/06/28 18:53 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1061-e1667b6a