2017年05月27日(土)

キミとは致命的なズレがある 



著者:赤月 カケヤ、 晩杯あきら
発売日: 2011/5/18

評価〔A-〕 後半の急展開が良かったです。
キーワード:サスペンス、学園、記憶、

「最近、何か変わったことは起こっていないか?」(三章より抜粋)


ここ数年の記憶しかない高校生・海里克也が、不可思議な現象を体験するようになり、非日常の世界へと迷い込んでいくサスペンスです。第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞。

まあ記憶がないってところからしてかなり怪しげです。序盤から伏線を見逃さないよう警戒し、主人公の断片的な記憶や周囲の人間の言動から真相を推量しながら読んでいたのですが、うまく騙されてしまいました。著者のミスリードに見事にひっかかったようです。どの場面もつじつまがあうのは巧妙でした。これは強引かなと思うところもありましたが。推理するのも可能・・・・・・かもしれませんが、サスペンスと表現したほうがしっくりきます。

序盤から中盤にかけてじわじわ怖くなってくるのは良いのですが、テンポが良いとは言えず少々退屈でした。しかし、途中から少しずつ真実が明らかになり、驚きつつもどんどん引き込まれ最後まで一気に読みました。特に、遠崎家の場面で隠されていた秘密が暴露されるのは、その場面の結末とともに衝撃的でした。

ライトノベルっぽさはあまり感じられず、一般書籍として出しても違和感なさそうです。



ネタばれ話は続きにて↓

【ここからネタばれ】
これ主人公が殺人犯っぽくみえるけど、そうだったらなんか簡単だよなーと思っていたら、上記のとおり違っていました。ほっとしたような、がっかりしたような。

終盤の某の日記を読みながら、中盤の猫おばさんの犯人が明かされていないと気がつき、少し読み直していたら『これもほづみじゃない? 本人もいびきが原因って言ってるし』と分かって少し得意げだったのですが、直後のエピローグであっさり明かされていてちょっとがっかり。でも、まあ、これはみんな分かりそうだよね。

ひなたが実在しなさそうだとは考えていましたけど、ステーキを食べに行った時、第三者にも見えているので確信が持てませんでした。まさか代わりの人間がそこにいて、つじつまがあってしまうとは・・・・・・。会計を待つ間に外でかわいいと言われていたのが、伏線だったのですね。強引だけどうまいよなあ。

ほづきがくぐったというあの門ですが、少しだけ調べてみたのですが、どうやらそう言った発言は見つからず創作のようでした。いや、そういうものが精神科医たちの間でささやかれているのかと思いました。怖い設定です。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2017/05/27 21:30 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1049-7d49b468