2017年05月23日(火)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) 



著者:若林 正恭
発売日: 2015/12/25

評価〔B+〕 少しずつ変わっているのが興味深いです。
キーワード:エッセイ、芸能、お笑い、テレビ、文庫化、

誰もぼくのことなんて見ていない。それはわかっているのだ。だがしかし、だ。ぼくなのだ。ぼくが!見ているのだ!(「自意識過剰」より抜粋)


お笑いコンビ・オードリーのピンク男じゃないほう、スーツ姿の常識人っぽいほうの若林さんが雑誌で連載していたエッセイをまとめた本です。完全版ということで100ページ以上加筆されています。

どうやら人見知りかつ自意識過剰で有名らしく、その内面を飾ることなく明かしています。内向的な人なら結構共感できる点も多いのではないでしょうか。個人的には、「テレビのお仕事をしていくうちに感じてたのが、世の中の人は食べ物にすごい興味があるんだな」、あたりがかなり頷けます。芸能人でもそう思っている人がいて、なんか安心しました。

一つひとつのエッセイが数ページと短いためか、序盤は物足りなさを感じていたのですが、中盤以降は彼の行動に変化が出始めて面白いです。最初は無趣味だった彼が、面白いものを見つけて変わっていくのは良いですね。

「ネガティブモンスター」では考えすぎない方法を考え、ネガティブを潰すのはポジティブではないと結論付けます。また、「書籍化します」では、物事を楽しむためにはどうするのかを悩み、彼なりに答えを出します。こうした内向的な人なら身に覚えがありそうなことに対し、あやふやにせずきっちり言葉で説明しているのが良いですね。抽象概念を言葉にする能力が高そう。

短いものより長い文章のほうが面白かったので、次があるなら少し長めのエッセイを出して欲しいです。


スポンサーサイト

[ 2017/05/23 21:40 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1048-0f7f10e3