2017年03月22日(水)

タイムマシン (光文社古典新訳文庫) 



著者:ウェルズ (著), 池 央耿 (翻訳)
発売日: 2012/4/12

評価〔B〕 意外と古さは感じませんでした。
キーワード:SF、イギリス文学、

「大方は絵空事に聞こえるだろう。それはそれで、やむを得まい。が、どう取られようと、私の話は何から何まで本当だ」(本文より抜粋)


とある会合で発明したタイムマシンを披露したタイム・トラヴェラーは、翌週の会合で痛々しい格好で現れます。そして、自分が体験してきた時間旅行について主人公たちに語り始めます。物語は大部分がタイム・トラヴェラーの語りで進みます。回想なので臨場感に欠けますが、物事を整理して語られているので読みにくいということはありません。

昔の人の予想する未来だから、現代と比較して未来像が当たったり外れてたりするのだろうなと予想していましたけど、それは大きく外れました。タイム・トラヴェラーが行ったところと現代の違いは、日本と外国ぐらいだと思っていたら、まるで別の星ではないかと思うくらいかけ離れていました。ある程度は当時のイギリス社会を反映しているのでしょうが、それを抜きにしても興味深いです。映像化したら衝撃的で面白いかもと考えながら読んでいたら、解説で既に映画化されていることを知りました。やっぱり他の人もそう思うよね。

本編の後に、著者の補遺、評論家の解説、著者の短い伝記、日本人研究家の解説、そして訳者あとがきが収録されいます。本書の3割を占めていて、本編をより深く理解したい人には良い読み物です。私は本編にだけ興味があったので、これらはさらっと読んでしまいましたけど。


スポンサーサイト

[ 2017/03/22 21:45 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1029-b379b126