2017年04月08日(土)

その「つぶやき」は犯罪です 知らないとマズいネットの法律知識 



著者:神田 芳明 (著), 前田 恵美 (著), 深澤 諭史 (著), 香西 駿一郎 (著), 鳥飼 重和 (監修)
発売日: 2014/5/16

評価〔A〕 危険性は認識しておかないと。
キーワード:法律、インターネット、SNS、

まず前提として、名誉棄損罪は、その内容が真実であるかどうかは関係なく成立します。(第1章2より抜粋)


インターネットが発達したおかげで、誰でも気軽に思ったことを発言することができます。しかし、あまりに簡単なので、知らないうちに違法行為となっていたり、逆に不当な被害を受けることもあります。どこまでOKでどこからがダメなのか、情報発信の責任を勉強する本です。

まず、知らないうちに加害者となる場合を紹介していますが、様々な法律と共に説明されていて分かりやすいです。名誉棄損罪は事実でなくても、評価でも公然と相手を貶めると侮辱罪になることがあることに驚きました。具体例の一つとして、レストランの評価はどうなるのか?が書かれていますが、どうやら程度によるようです。その程度も、人によって異なるので難しいですね。

悪いことだとは知らなかったという弁明は言い訳にならない「法の不知は害する」について説明していますが、他人のためにも自分のためにも知識を身につけることは必要でしょう。できれば小さいうちに知っておけば、問題も起きにくいはずです。

一方、図らずも被害者となってしまった場合も紹介していますが、加害者のケースと比べて分量が少なかったのが残念です。欲を言えば、もっと個々の事例について判例を挙げたり、もっと色々なネット問題を紹介して欲しかったです。

法律の面から見たら本書の内容は正しいのでしょうが、このとおりに様々なことに注意すると、基本的に良いことしか書けなくなってしまいそうです。褒めてばかりの情報では有用かどうか判断しずらいし、会話としても味気のないものになりそうだし・・・・・・難しいものです。


スポンサーサイト

[ 2017/04/08 21:57 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1026-76607060