2017年02月09日(木)

NKJK : 1 



著者:吉沢緑時
発売日: 2016/3/12

評価〔B-〕 ギャグなのかシリアスなのか。
キーワード:病気、笑い、免疫、ギャグ、シリアス、

「舞を笑わせてあげて頂けないでしょうか?」(本文より抜粋)


病気で入院した友人を、笑いによって助けようと試みる女の子の漫画なのですが、これがギャグなのか真面目なシリアスなのか、うまく説明するのが難しい漫画です。

笑いによって病人の免疫力を高めようと、笑いに疎い優等生の主人公・西宝がギャグを研究し、友人の前で実践するのは確かにギャグです。バラエティ番組すら見たことのない彼女の笑いは、どこかちぐはぐな感じで思いもよらいない結果になることもあります。西宝の用意した笑いは、個人的にはそれほど好みではないのですが、こうした予期せぬ笑いが面白いです。

笑える場面もありますが、やはりそこは病室であり、時々描かれる病人の様子に重い気分になります。アイスの話は実に現実味があって、なんとも言えず辛いですね。笑って、悲しみ、考えてしまう漫画です。

次で完結ですが、どのような結末が用意されているのでしょうか。


スポンサーサイト

[ 2017/02/09 21:24 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1015-f9559198