2017年01月28日(土)

非言語表現の威力 パフォーマンス学実践講義 



著者:佐藤 綾子
発売日: 2014/7/18

評価〔C+〕 名演説は一日にしてならず。
キーワード:パフォーマンス学、プレゼンテーション、言語学、心理、

七人の映像をたった二秒間見ただけで、被験者はこの大学院生たちが正直なのか、頼りないのか、まじめなのか、日頃の大学院生たちの個性を正確に見抜いているのです。(第3章より抜粋)


人と話をする時、喋った内容よりも話者の表情や身振り手振りから多くの情報を得ている、と耳にしたことがあります。言葉だけでは分からない感情や思惑が、態度から強く伝わってくることは珍しくありません。一般的に、表情や仕種は非言語表現と呼ばれています。パフォーマンス学の第一人者である著者が、その非言語表現の重要さを分かりやすく解説します。

読むとすぐ気づきますが、本題はパフォーマンス学のほうで、非言語表現はその一部として取り扱っています。パフォーマンス学はコミュニケーション学や心理学などを含む自己表現のための複合的な学問で、本書ではプレゼンテーションや演説をメインに説明しています。演説の具体的な練習の仕方など、大勢の前で話をする機会のある方には有益なものですが、私のようにそういった機会のない人にとっては実用的とは言えません。とはいえ、自己紹介や交渉のポイントは役に立ちそうなので、知っておいたほうが得だと思います。

残念なのは非言語表現を扱ったところが少ないことと、一つひとつの表現の解説が浅いことです。意見を聞く際、相手を指差すのは良いことか悪いことか、悪いならどうした仕種なら良いのか、どうした仕種や表情が相手の発言を促すことができるのか、など細かいことが知りたかったのですが書かれていませんでした。プレゼンの指導を生業とし、人間嘘発見器とまで呼ばれているならば、もっと具体的なことを教えて欲しかったです・・・・・・というのは欲張りなのかな?


スポンサーサイト

[ 2017/01/28 21:46 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1013-63a6c6c5