2017年01月14日(土)

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 



著者:木山 泰嗣
発売日: 2012/4/17

評価〔A〕 役に立つ超入門書です。
キーワード:法律、民法、弁護士、

自分に債務があることを認めることを「債務の承認」と言います。「債務の承認」があった場合には消滅時効は中断します。(1日目4時限より抜粋)


この本を見た時、知人の裁判の話を思い出しました。相手が悪いのだから弁護士はいらないと、弁護士を雇わないで裁判に行ったら、裁判所の人に弁護士がいなければ勝てる裁判も勝てませんと忠告されたそうです。法律は専門性の高い分野だと思います。中でも膨大な量がある民法は難しいそうです。必要性が高いけれど難解な民法を、できるだけ簡単で分かりやすく説明しようと試みたのが本書です。

超入門書なだけあって、知識がまったくゼロからでも読み進めることができます。内容は2日間の講義形式とし、前半は基礎を、後半はその具体例を挙げて解説しています。具体例が未成年の子供が万引きしたときの責任や、大家さんに無許可で部屋を又貸しなど日常で起こりそうな、または巻き込まれそうな問題が多く興味深いです。

予想通り専門用語が多くです。意思の欠缺(けんけつ)を始め聞きなれない言葉ばかりです。相手に原因があることを「帰責事由」なんて難しく言わなくてもいいと思うのですが、厳密に言葉を使わなくてはならないから仕方がないのかな。

印象に残ったのは上記引用の時効についてです。途中で「債務の承認」があると、さらに時効が伸びるのは知っておいたほうが良さそうです。飲食店の代金、ホテルの宿泊料の有効期限が1年しかないのも意外でした。また、連帯保証人についての記述も勉強になりました。単なる保証人の違いもきちんと説明してあります。債権者がいつでも連帯保証人に請求してよい点がポイントです。

超入門書とはいえ、もちろん分かりにくい難解な箇所もありますが、全体的に丁寧に要点だけ書かれていますので理解しやすいと思います。こうした知識は自分を守るために必要だなと再認識しました。


スポンサーサイト

[ 2017/01/14 21:35 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1008-01c70577