2016年12月31日(土)

2016年のまとめ 

今年は早めに年別まとめと書こうとしていたら、あっという間に大晦日になってしまいました。今年のまとめです。

2016年に読んだ本は100冊でした。昨年は124冊でしたので、だいぶ減りました。主に他の趣味に時間を割いていたためです。それでもどうにかして100は超えたいなと思っていたので、こうして達成できて良かったです。先月と今月は数を増やすため頑張りました。本の内訳は以下のとおりです。

小説 (15)
ライトノベル (7)
漫画 (47)
4コマ漫画 (1)
随筆 (1)
社会・歴史 (7)
心理・哲学 (12)
自然科学・医学 (5)
言語 (1)
実用 (4)
WEB漫画・同人漫画 (0)

総数が減ったのでほとんどの分野で減りましたが、小説と心理・哲学だけ増えています。前者は+2冊、後者は+3冊です。前者はそんなに読んだ覚えはないのですが、あまり自覚がないだけで読んだのでしょう。

漫画が相変わらず多いのですが、4コマ漫画と合わせても48冊、つまり48パーセントで半分以下です。60パーセントくらいかなと思っていたので意外でした。

いくつかの作品を完結まで読むことができたのが、今年の良かった点です。ひとたび興味が薄れると、なかなか再開する気になれないのですが、最後まで読み切ると心残りがなくなって気分が良いです。

続いて、評価別の数を紹介します。

〔S〕 2冊
〔A〕 18冊
〔B〕 61冊
〔C〕 18冊
〔D〕 1冊
〔E〕 0冊

最高の評価Sが2冊、最低のEは0冊。昨年に比べると、Bの割合が減り、評価が上下に分散しました。意図的に差をつけようと心掛けたので、こうなるのは分かっていました。でも、やはりSやDに相当する本はなかなかないですね。特にDやEはつけ辛いので、自然と少なくなります。

Sは「六花の勇者 6」と「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」。前者は本当に面白いファンタジーですし、後者は学問の総合的な興味深さを教えてくれるドキュメンタリーでした。こういう強烈な印象を残す本は好きです。何回か書いていますが、質よりも好みを優先しているところがありますので、本ブログの評価はあくまで参考までに。好みが合って喜んでもらえれば幸いです。

来年の予定は、まず今年の100冊は超えることでしょうか。あとは・・・・・・今のところ思いつきません。またSをつけたくなるような面白い本、新鮮な本に出会えればと思っています。

それでは、良いお年を。

スポンサーサイト

[ 2016/12/31 11:50 ] 年別まとめ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1007-9eaf47bc