2017年01月08日(日)

「昔はよかった」病 



著者:パオロ・マッツァリーノ
発売日: 2015/7/17

評価〔B+〕 現代の悪いところばかり目立つものです。
キーワード:文化史、昔、社会、新聞、治安、人情、

戦前の日本では、今の10倍以上の詐欺被害が発生していました。しかも当時の日本の人口がいまの半分くらいだったのですから、戦前は平気で人をダマす悪いヤツがそこら中にいたんですよ。(第2章より抜粋)


異常なクレイマーやモンスターペアレンツ、凶悪な事件などがニュースで報じられると、社会が段々悪くなってきているような気がします。そうした影響からか、しばしば「古き良き」「昔はよかった」と言われますが、本当にそうなんでしょうか。イタリア生まれの日本文化史研究家が、様々な史料をもとに昔が本当に良かったか検証します。

読みやすい話し言葉で書かれていますので、かなり読みやすいです。新聞の投書や犯罪統計など裏づけもしっかりしていて、外国の方であることを忘れてしまうほど、内容もしっかりしています。

上で引用した犯罪件数が今のほうが少ないことは知っていましたけど、自警団の実態や美人を優遇していた企業・役所、商店街の歴史など知らないことばかりでした。印象に残ったのは、江戸時代は人情が薄かったことです。住居転出率の高さから、深い近所付き合いはなかったと断言していて興味深いです。

随筆は思うがままに書くものだと思っていたのですが、巻末の参考文献を見ると、下手な新書よりずっと正確であると感心しました。著者の他の本も評判が良さそうなので、機会がありましたら読んでみます。


スポンサーサイト

[ 2017/01/08 19:05 ] 随筆 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1006-e531f51b