2017年01月02日(月)

京都ぎらい 



著者:井上章一
発売日: 2015/9/11

評価〔B-〕 京都の華やかでない部分を紹介。
キーワード:京都、洛外、洛中、歴史、地域差、

ひとことで言えば、洛外でくらす者がながめた洛中絵巻ということになろうか。(まえがきより抜粋)


京都の人は性格が悪いと書かれているのを、ネットで何回も見たことがあります。何でも遠まわしに文句を言ういやらしさがあるとかないとか。早く帰って欲しい客には「ぶぶ漬けでもどうですか」と尋ねる逸話が有名ですが、本当なんでしょうか。あまり語られなかった京都人の本心について、京都市嵯峨出身の著者が暴露します。

『洛中の人々は洛外の人々を見下している』。洛中の中華思想は、都会に住んでいるほうが格上という価値観に似ています。しかし、どの地域にもありそうな都会人の優越感よりを、さらに苛烈にした感じです。良く言えば自尊心、悪く言えば選民意識かな。このまえちょっとだけ読んだ漫画にもそのことに触れていて、洛中の中にも序列があるみたいです。なぜ住んでいる場所がそれほどまでに重要なのかは、正直言って実感できません。でも、著者自身も自覚していますが、著者がさらに洛中から遠い地域を下に見ていることから、京都付近の社会ではそのような強固な因習があるのでしょう。

他には寺と花柳文化、寺と行政、京都と江戸の意外な関係が明かされています。こちらは京都人ではなく、京都の町の特色を分かりやすく説明していて、さすが歴史のある都市だなと感じさせてくれます。歴史の勉強をするのに身近な地名が出てくると、分かりやすいし覚えやすくてよさそうです。また、寺の拝観料の正と負の面は興味深かったです。

残念なのは、歴史に重点が置かれて、本来のテーマであった京都人の価値観や性分が少ししか明かされなかったことでしょうか。帯には「千年の古都のいやさしさ、ぜんぶ書く」とある割にはそうでもなく、なんだか物足りなかったです。



スポンサーサイト

[ 2017/01/02 22:03 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/1005-b5f53665